お知らせ|眞下司法書士事務所|会社が知らない間に解散してる?

初回相談無料

受付時間:平日9:00-21:00

06-6949-8672

商業登記一覧 > 会社が知らない間...

商業登記NEWS

会社が知らない間に解散してる?
2014-07-22

こんにちは、司法書士の眞下です。

7月の海の日を含めた3連休が終わってしまいましたね。3連休を利用して旅行や実家に帰った方も多かったと思います。私も1日だけ実家に帰っていました。

さて、久しぶりに会社登記についてのブログです。

タイトルの通り、今年あなたの会社が知らない間に解散しているかもしれません。

というのも、先日法務省より平成26年度に眠会社、休眠一般法人の整理作業がされると発表がありました。

休眠会社とは最後の登記から12年が経過している株式会社で、特例有限会社は含まれません。

また休眠一般法人とは最後の登記から5年が経過している一般社団法人や一般財団法人です。

平成18年の会社法の改正で役員変更の任期が10年まで延長することができ、株式会社の場合、最長で10年何も登記をしなくても良いことになりました。しかし、10年に1回の役員変更登記をきちんと覚えている方ばかりではないかと思います。

そういえばと思って会社の謄本を取ってみたら「解散」の旨が入っていたらビックリしますよね。

対象の会社には今年の11月頃に法務局から通知が行くはずですが、何らかの理由で通知が届かない場合でも、平成27年1月20日には「みなし解散」の旨が登記されてしまいます。

思い当たる方はお早めに司法書士にご相談下さい。