お知らせ|眞下司法書士事務所|交通事故のチェックポイント③

初回相談無料

受付時間:平日9:00-21:00

06-6949-8672

交通事故一覧 > 交通事故のチェッ...

交通事故NEWS

交通事故のチェックポイント③
2014-07-12

こんにちは、司法書士の眞下です。

台風8号ですが、騒がれた割には大阪近辺ではほぼ雨すらあまり降りませんでしたね。しかし、台風が過ぎた今日は暑かったですね。

さて交通事故のチェックポイントの続きです。

⑤過失割合は何対何ですか?

あまり交通事故に詳しくない方でも過失割合という言葉は聞かれたことがあると思います。例えば100対0とか80対20とかいうやつです。

過失割合は実況見分調書が重要になってきます。実況見分調書は警察が事故の状況をまとめる書類ですが、過失割合が具体的に「○対○」と書かれているわけではありません。しかし過失割合を推定するのに重要な証拠となってきます。

さて過失割合が決まったら損害額はどのようになるのでしょうか?

例えば甲さんと乙さんの交通事故で、甲さんが300万の損害、乙さんが700万の損害を負い、過失割合は甲さんが60%、乙さんが40%とします。
甲さんと乙さんの損害額の合計1000万円を甲さんが60%の600万円、乙さんが400万円ずつの割合で負担します。

過失割合の推定には赤本を参考にします。赤本とは「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(日弁連交通事故センター東京支部)という名前で赤い色をしています。実際真っ赤な表紙をしています。

普通の本屋では買えません。弁護士会館等で購入できます。弁護士でなくても購入できます。

余談になりますが、大阪市北区の西天満の大阪地裁の地下1階の本屋でも買えましたが、こないだ行ったら本屋が閉店してました。結構利用してたのになぁ(>_<)