お知らせ|眞下司法書士事務所|交通事故の損害算定の方法

初回相談無料

受付時間:平日9:00-21:00

06-6949-8672

交通事故一覧 > 交通事故の損害算...

交通事故NEWS

交通事故の損害算定の方法
2014-07-03

こんにちは、司法書士の眞下です。

みなさんは交通事故に遭う確率をご存じですか?
塚口の有名な整骨院さんのお話では「人の人生50年のうち30%」らしいです。3人に1人は一生涯のうち一度は交通事故に遭うのです。
私の事務所にも交通事故の案件のご相談が何件か来ております。そこで交通事故について、まとめていきたいと思います。

まず交通事故の損害の算定の方法です。

人身事故を例に見ていきます。

人身事故の損害には

①積極損害
②消極損害
③慰謝料

の3種類があります。

①積極損害について

積極損害とは交通事故によって現実に支出することになる損害です。

具体的には以下のものがあります。
1 治療費
2 入院雑費
3 通院交通費
4 葬儀関係費
5 その他

②消極損害について

消極損害とは、交通事故がなければ得られたであろう利益を失ったことによる損害です。

具体的には以下のものがあります。
1 休業損害
2 後遺障害による逸失利益
3 死亡による逸失利益

③慰謝料について

慰謝料には大きく分けて3つあります。

1 入院・通院した場合
傷害慰謝料

2 死亡した場合
死亡慰謝料

3 後遺障害が残った場合
後遺障害慰謝料

また今後それぞれの問題点、交通事故におけるその他のポイントを書いていきたいと思います。