お知らせ|眞下司法書士事務所|空き家問題について

初回相談無料

受付時間:平日9:00-21:00

06-6949-8672

裁判一覧 > 空き家問題について

裁判NEWS

空き家問題について
2014-09-04

こんにちは、司法書士の眞下です。

9月に入り、涼しくなると思ったら雨が降って蒸し暑かったり、なかなか過ごしやすい気候にならないですね。

さて今日は空き家問題についてです。

今空き家が増えています。全住宅の13%以上が空き家であるといったデータもあります。10軒の家があれば、1軒は空き家なので思っているより多いでしょうか。

これから人口が減っていけば、もっと空き家が増えていくのは明らかです。

空き家があると

①倒壊する可能性がある
②ゴミの不法投棄を誘発する
③周辺に悪臭や虫害などが発生するおそれがある
④空き家が放火されたりする可能性がある
⑤風景が悪化する

といった困ったことが起こります。

このような問題に対して行政も「空き家対策条例」を制定するなどの対策を行ってきました。しかし、条例を制定しても、解体にいたるのは2割にとどまった自治体もあります。

解体が進まない理由の一つとして固定資産税等の軽減があります。
不動産を所有していると固定資産税がかかります。
土地にかかる固定資産税は土地の面積が200㎡未満の場合、住宅を建てると原則6分の1に減額されます。

つまり、空き家を解体すると固定資産税が6倍になってしまいます。
このような空き家の問題に対して、行政以外ではどのような対策があるでしょうか。また司法書士として空き家問題に関わるのはどの部分でしょうか。その辺のことも今後書いていきたいと思います。