大阪,谷町四丁目,天満橋,堺筋本町,相続,相談無料

債務整理

債務整理とは

債務整理とは、多額の借金を負ったとき、多重債務に陥ったときに、債務者の再生させるいくつかの方法のことです。一般に個人消費者の債務整理の方法は4つありますが、それぞれの個性をつかみ、適した方法を選択いたします。

任意整理とは
債権者(貸し主)と話し合いをして、借金の返済方法や金額を決め直す方法です。個人で債権者と交渉するのは非常に難しいため、通常、弁護士や司法書士に手続きを依頼して、弁護士や司法書士が利息の再計算や支払方法変更の交渉をします。利息の再計算をすることにより借金残額の減少が見込まれます。

個人再生とは
裁判所に申し立てをして、借金の一部を原則3年間程度で払うことを条件に、残りの借金返済を免除してもらう方法です。申し立て手続が難しいため、通常、法律家に依頼する場合が多いようです。この方法を利用するためには、住宅ローンを除いた借金が5千万円以下である、将来的に一定の収入が見込める等の要件があります。特徴は住宅を手放さずにすむことや借金元本の一部をカットできることです。

自己破産とは
裁判所に申し立てをして、あるだけの財産を債権者(貸し主)に分配し、残った借金は全額免除してもらう方法です。土地や家などの資産がある場合は、お金に換えて債権者に返すことになります。借金から全面的に開放されることが最大の特徴です。

特定調停とは
裁判所に申し立てをして、調停により借金の返済方法や金額を決め直す方法です。債権者(貸し主)との交渉は調停委員が間に入って行います。司法書士はそのサポートをします。デメリットは任意整理より財産の差し押さえがされやすいことです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional